当ページのリンクには広告が含まれています。

カフェドゥラシュエット【高松市仏生山町】12/8オープンのカフェとワインが楽しめるお店

当ページのリンクには広告が含まれています。
カフェドゥラシュエット【高松市仏生山町】12/8オープンのカフェとワインが楽しめるお店
  • URLをコピーしました!

高松市仏生山町にある、「Café de la chouette(カフェドゥラシュエット)」のご紹介をします。

2023年12月8日にオープンした、カフェとワインが楽しめるお店です。

今回は、ランチでお邪魔してきたレポートをしますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

この記事でわかること
  • カフェドゥラシュエットの場所・メニュー
  • 店内のようす
  • カフェドゥラシュエットでランチを食べた感想

▼周辺の飲食店はこちら

目次

カフェドゥラシュエットへ行ってきました。

2023年12月8日新規オープン

高松市仏生山町にある「Café de la chouette(カフェドゥラシュエット)」へ行ってきました。

2023年12月8日にオープンしたカフェです。

大阪やフランスで長年お菓子作りをされていた奥さまと、フランスのブルゴーニュのワイナリーで働いていた旦那さまご夫婦がオープンしたお店で、フランスの家庭料理やワインが楽しめます。

ひろこ

以前、「ジャンキーノンキー」さんがあった場所の跡地ですね。

駐車場は仏生山温泉

駐車場は、仏生山温泉の向かいにある駐車場のどのスペースに停めてもOKとのことです。

ひろこ

平日ですが、いっぱい停まっていました。

そこから5分ほど歩いた先にお店があります。

オシャレな店内

店内はカウンターとテーブル席のこぢんまりとした空間です。

木製の家具やオシャレなインテリアが落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

ひろこ

かわいらしい小物や、素敵なイラストが飾ってありました。

ランチメニューは3種類

ランチメニューは、以下の3種類あります。

  • 前菜、メイン、デザートがセットになったメニュー(シュエット)
  • 前菜とメインのセットの2品メニュー
  • 単品

ドリンクメニューが豊富

そのほか、ドリンクメニューが豊富にそろっています。

夜の営業もしているため、おいしいワインとお食事を楽しむのも◎。

ランチメニューを食べた感想

今回私は、前菜とメインの2品メニューを注文しました。

まず、前菜のかぼちゃのポタージュが運ばれてきました。

とっても良い香りがします。

ひろこ

運ばれてきた瞬間からめちゃくちゃ良い香りがしました!

風味豊かな味わいで、かぼちゃの甘みとコクが楽しめる一品です。

続いて、トマトときのこのキッシュ、サラダのプレートが席に。

厚みのあるキッシュなのですが、フォークを入れてビックリ。

めっちゃふわふわなんです!そして、ほかほかであったかい!

ひろこ

キッシュって卵がしっかり焼かれているイメージ(卵焼きみたいな)があったので、ふわふわさに驚きました。

キッシュのパイ生地はサクサクで食べごたえがあります。

ひろこ

とってもおいしかったです。

サラダもたっぷりで、おなかいっぱいになりました。

テイクアウトもできる

ケーキやキッシュのテイクアウトもできます。

カフェドゥラシュエットの外観・店内のようす

カフェドゥラシュエットのメニュー

カフェドゥラシュエットのメニューはこのようになっています。(一部)

メニューの一部
  • 前菜、メイン、デザートがセットになったシュエット(税込1,800円)
  • 前菜とメインのセットの2品メニュー(税込1,450円)
  • 単品(税込1,000円)

カフェドゥラシュエットの基本情報~アクセス・営業時間~

店舗名Café de la chouette(カフェドゥラシュエット)
住所香川県高松市仏生山町甲3225-4
電話番号087-800-0320
営業時間水木日12:00~18:00
金土12:00~17:00 18:00~21:30
定休日月、火曜日
駐車場あり(仏生山温泉の駐車場)
参考食べログ

インスタグラムやってます♪

行ってきたお店を写真や動画でご紹介しています。

\インスタグラムのアカウントはこちらから/

ひろこ

よければフォローお願いします!

飲食店レビューについての注意点

※本ブログはひとりのお客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。

内容もお客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「気持ちよく食事ができるお店」がおもになり、おいしさの基準は私の個人的な主観になります。

\よかったらシェアしてね!/
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次